刺青を消したいと思ったら読むサイト

刺青を消したいと思うのはこんなとき!

刺青を入れるのには、時間もお金もかかりますし、施術には痛みも伴います。
また刺青を入れる時には、様々な思い入れがあり、覚悟を持って入れている人も少なくないでしょう。
なのに、刺青を入れた事に後悔し、刺青を除去する治療を受ける人がいます。
ではなぜ苦労して入れた刺青を除去したいと思うのか、その理由について紹介します。

 

刺青を除去したいと思う理由の多くは、価値観の変化にあります。
若い頃は刺青を入れる事が格好いいと考えていますし、将来の事もあまり真剣に考えていません。
刹那的で今が楽しければそれでいい、そんな気持ちで過ごしてきたのかもしれません。

 

ですが好きな人が出来、その人と子供のために家庭を守りたいと思った時に価値観は大きく変化します。
自分1人であれば、周囲の人にどのように思われても気にならないかもしれません。
ですが、自分のせいで妻が周囲のママ友から怖がられていたり、子供が苛められて友達を作る事が出来なかったらどうしますか?

 

見た目を普通にして、周囲から浮かないようにしようと考え直す事もあるでしょう。
また刺青を入れると、生命保険に入れなくなるケースもあるようです。
自分に何かあった時に、家族の生活を守りたいから生命保険に加入したいと思いますよね。

 

他にもせっかく家族と旅行に行っても、一緒に温泉に入れない、海やプールに入れないと行動が限定されてしまいます。
このように結婚して家庭を持った時に、若気の至りで入れてしまった刺青を後悔し、消したいと思う人は少なくありません。
ファッション感覚で入れる人も増えていますが、刺青に関する世間の目は、まだまだ冷たいという事をよく理解しておきましょう。

 

刺青の除去を検討するなら神成美容外科

刺青をレーザーで消すメリットとデメリット

若気の至りで刺青を入れてしまい、後悔して消したいと思う人は少なくありません。
そんな時に刺青を消す方法は、いくつか存在します。
ただし、方法によってかかる時間やお金、そして痛みや傷跡具合などそれぞれメリットとデメリットが存在しています。
またその人がどれぐらいのサイズで、どのようなデザインの刺青を入れているのかによって最適な方法は異なります。

 

なのでまずは情報収集をして、自分に合った刺青の消し方を探す事が重要だと言えます。
では多くの人が選択しているレーザー除去のメリットとデメリットについて紹介します。

 

メリットは他の方法と比較して、痛みが少なく傷跡が残りにくいため、人気がある方法です。
また刺青のサイズが大きい場合でも、対応する事が可能です。

 

ただしデメリットは、レーザーに色素を反応させて、色素を分解して体外へ排出させる方法なので、治療には時間がかかってしまいます。また色素が反応しづらい色も存在し、その場合は完全には消す事が出来ません。

 

 

 

目安としては、2〜3ヶ月に1度のペースで通い、レーザー治療を5〜10回程度受ける必要があります。
そのため治療期間は、1年以上かかるケースも少なくありません。
ちなみに治療にかかる費用は、刺青のサイズによって異なりますが、1p×1pのサイズで1万円程度かかります。

 

刺青は入れる事も時間とお金がかかり大変ですが、消す事も大変です。
もし結婚式など1日限定で消したい場合などは、専用のコンシーラーを塗って隠すという方法もあります。
そして後から後悔する事がないように、入れる時には、それなりの覚悟を持って入れるようにしましょう。

 


このページの先頭へ戻る